Keith Hipel 教授 (ウオータールー大学システム設計工学) と Liping Fang准教授 (ライアーソン大学工・建築学部副学部長) を迎え、”政策及び環境問題分野における研究活動の役割”についての講演をしていただきました。

Keith Hipel 教授 (ウオータールー大学システム設計工学) と Liping Fang准教授 (ライアーソン大学工・建築学部副学部長) を迎え、”政策及び環境問題分野における研究活動の役割”についての講演をしていただきました。

Hipel教授からは、”カナダにおける低排出型エネルギーシステムのための技術及び政策の選択肢”と題して講演いただき、エネルギー利用と気候変動の専門家としての経験からの気づきを中心にお話しいただきました。Fang准教授からは、”水需要統合による、連携水配給の枠組みの実現” と題して、ゲーム理論のモデルを利用した水資源保護への利用の未来に対する興味深い視点について講演していただきました。

By | 2016-06-07T13:36:37+00:00 2016.06.07|ニュース|0 Comments